税務調査、会計、相続、それぞれに特化した専門医(プロフェッショナル)と、専門外の迅速に解決できるネットワーク。大阪 八尾 税理士 松岡会計事務所です。

税理士法人 松岡会計事務所 税理士法人 松岡会計事務所

報 酬 報酬について

顧問料3万円が高いか?安いか?

まず、初めに伝えたいのは、顧問料月3万円が高いか安いかという議論は全くのナンセンスだということです。
もし、あなたが顧問料3万円で、1万円以下の価値しか感じていなければ、その3万円は高いし、5万円以上の価値を感じていればその顧問料は安い。
つまり、税理士報酬は“費用対効果”で決めるべきと言えます。

費用対効果とは?

あなたが会計事務所に求める“効果”はなんでしょうか?
「節税」「経営アドバイス」「円滑な借入」「税務調査の対応」など経営者が税理士に期待する効果はさまざまです。
その効果に対して「費用(報酬)が低い」と思ってもらう。
つまり、私たちに依頼することで「利益」(効果-費用)を得ていただく。
それが最も大切だと私たちは考えます。

利益の一部を報酬としていただくという考え方

例えば「節税」、あなたはA税理士とB税理士どちらの税理士に顧問を依頼しますか?

A税理士・・・年間顧問料50万円+法人税等250万円=合計300万円
B税理士・・・年間顧問料50万円+法人税等150万円=合計200万円
もちろんB税理士ですよね。
これは費用対効果のほんの一例です。
「節税効果」が「費用」以上にあれば、その分会社に「利益」(この場合「お金」)が残ります。
私たちはこういった「利益」の“一部”を報酬としていただく、経営者様との“共存共栄”を最優先に考える姿勢こそ、
松岡会計事務所が40年間伸び続けてきた理由です。

費用対効果イメージ

はっきり言えない訳


顧客先様の利益の一部をいただく、共存共栄の考え方が35年間伸び続けてきた理由です。


税理士法人 松岡会計事務所  〒581-0018 大阪府八尾市青山町2丁目4番18号


Copyright (c) Matsuoka Accountant's office All rights Reserved.